音楽が恋の糧なら続けよ!

バンタンとKポと韓国映画と本とかの話

どうやって集める?推しの情報

今まさにBTSオンラインライブ・SOWOOZOOのディレイを見ながら書いている。

ちょうどライブ直前のFesta期間に、You Tube 公式チャンネルにSpeak Yourselfツアー@ソウルでのMikrokosmosクリップがアップされた。

SOWOOZOOとは小宇宙のハングル読み、つまりMikrokosmosを意味し、今回の彼らのテーマ。ファンであるARMYを星に見たてて、一緒につながるような歌だ。

JINさんの最後のあいさつ通り、コロナ禍でその場には一緒にいられなくて今は離れていても、みんなここにいるよ〜という気持ちが感じられて泣ける🥲🥲

それにしてもライブまでの日々は本当に膨大な量の情報がアップされ、正直1人の人間の身には余った。このすさまじいまでの量の仕事をこなしているメンバーは一体どうしてるんだろう?と本当に思う。

 

少し前のラジオで、K-POPについての本を出した田中絵里菜さんをゲストに、「どうしたら推しにまつわる情報を漏らさずキャッチすることができるの?」というテーマで話している回があった。

番組でも色々紹介されていたけど、わたしも振り返ってみようと思います。

(主にBTSに関することだけなのでご了承ください(これ以上はむり、追えない🥺))

 

【基本情報を追うならここから!】

Twitterのファン運営情報アカウント(2つくらい)

最新の情報主体。グッズ、ライブ、メディア出演情報など。

血眼で更新を探すファンからの口コミが集まるため一番情報が早い。

 

TwitterBTS公式アカウント(日・韓)

正直公式アカウントでは更新は追えないことが多い。特に本国アカはどちらかというとメンバーのセルカ(自撮り写真)アップの場。

 

③その他Twitterのファンアカウント

わたしは何かにハマるととりあえず情報収集のためだけの専用アカを作り、そこで国内外のファンアカウントをフォローしまくって眺めています。

一次情報が分からなくてもこれで何かが起きたことは分かる(ただし増えすぎると埋もれちゃう)。

 

④その他関連メディアTwitterアカウント

最近出演情報などのあったメディアアカウントを入れてチェック。終わったら外す。

K-POP全体の情報アカもここ。ほかにも曲のレビューや最近のトレンドが見たくて専門家のアカなどもチラ見します。

ここまで来ると目で追えなくなるので、雑多なアカの一部はフォローせずリストにしてたまに整理する。

 

【ビジュアルイメージ・番組系はここから!】

⑤公式インスタアカウント

グループの公式アカは新作ビジュアルを小出しにする場。新作が決まるとはっきりとした情報は与えずにイメージフォトを連投、ファンの考察を盛り上げる。ストーリーも見逃してはいけない。 

その他事務所、事務所更新関係アカ、コラボした企業公式アカなども油断ならない。

 

⑥公式メンバーインスタアカウント

メンバーがセルカをアップする場。Twitterに上がってない写真もある。

全員が一斉に上げるとは限らないため、念のため巡回が必要。

 

⑦Weverse

BTSの事務所HIVEの運営する専用アプリ。

メンバーの写真投稿や、ファンとの交流スレッドがある。時々メンバーがファンの投稿に直接返信することも!(通知をオンにしておけばすぐ分かる)

番組『RUN!BTS』(無料)とその裏側が見られるビハインド(有料)も配信。

ファンクラブと連携しているのでファンクラブだけの画像もアップされます。

 

⑧VLIVE

動画配信アプリ。K-POPドルが無料で何らかの番組を配信。BTSをフォローしておくと『RUN!BTS』や生配信を追える。通知はオンにしておく。

 

You Tube公式チャンネル(BANGTAN TV)

新作のお知らせ、MV、MVの裏側、出演番組の出演部(日本の番組からグラミーまで)、ダンス練習風景、全体的に出演したものの裏側(BANGTAN BOMB)などを配信。

 

 

TikTok公式アカウント

たまに動画アップ。頻度は高くないが短い動画のため波及が早い。あとは曲のダンスチャレンジが広がっていく様をインスタと同時に眺めるための場(ダンスチャレンジは有名人や一般人を介した曲のプロモになっている)。

昨年ハッキング被害に遭ったらしく、ファンが犯人を特定してとっちめている。

 

お分かりいただけただろうか?ほかに浮気する暇などこれっぽっちもないことが。

つねに全部を見るのは無理なので、基本はファンの情報アカウントをもとにサーチします。

もともと事務所のBig Hit(現HIVE)はオンラインに強いと言われてきたけど、改めて見るとようやる…!と思う。ひとつのSNSに情報を集約させず、さまざまなアカウントの一挙一動を追ってもらうことでファンを逃さないようにしている感じ。

あとすごいなと思うのは、番組を含む動画がほぼ無料で見られることです。MVも最後まで視聴できる。資源が潤沢すぎて恐ろしい。

 

とはいえ全部真面目に追いかけていると時間は溶けてしまうので、ほどほどに😂😂

推し!Butter!カムバ!!

仕事と推しの情報を追い続けている間に、めちゃくちゃ更新が空いてしまった。もはやローソンのパスタみたいなタイトルしか思いつかない。

f:id:ninnymoa:20210525201634j:image

だって、BTS新曲Butterの配信日が1ヶ月前に発表されてから、連日何かしらの情報が少しずつインスタにアップされ続ける。新曲発表後は怒涛の更新に埋め尽くされて何が何だかわからない。

こ、これがカムバ…!!!

 

カムバとは、そのまま「カムバック」を意味する。

Kポでは、新曲発表後の活動期間を指し、一定の活動終了後アイドルたちは充電期間のような空白期に入り、目立った活動はなくなる。だからこそ、ありったけの活動が続くカムバ期はファンにとっては毎日がお祭り状態なのだ。

 

・カムバ前後が慌ただしすぎる!

というわけで、ベストアルバム発表とMAP OF THE SOUL:ONEの写真集、ウィンパケ(冬がテーマの限定ファングッズセット)と関連グッズの物量に圧倒されながら、世界のマックとのコラボ、FILAとhyundai、ビールのCM、事務所にあたるHYBEにできた展示施設の公開を遠くから眺め、さらにロッテ免税店コンやその他イベントを経て、カムバまでのカウントダウンをしていた。

あまりの情報量に眠れぬ。そんな日々の中思う。一体彼らはいつ寝てるんだ…???

 

・Smooth  like Butter

新曲Butterはこれから夏に向けての季節にぴったりのキュートなダンスポップ。Dynamiteに続く英詞の曲で、ちょっとメランコリックな80年代風?シンセと一部マイケル・ジャクソンっぽいビートもある。

調べたら冒頭の"Smooth like butter/ Like a criminal undercover"という詞はそれこそマイケル・ジャクソンのSmooth Criminalからの引用らしい。

コンパクトだけどどこを切り取ってもキャッチーなのが上手くて、一度聞くと頭から離れない。振り付けも可愛い。

一番好きな曲はほかにもあるけど、この夏にエンドレスリピートするのはButterになるんだろうな。「ナカコーがほめてたよ」と友人に教えられたのもうれしい。

発表後、早速ダンスカバーをする人たちが次々とインスタやTikToKに現れた。

TikTok 

昨日はBillboard Music Awardで3部門にノミネートされていたBTSが、韓国から会場を模して初めてライブでButterをお披露目した。

私の誕生日だったので最高のセンイル😂!!!とテンションは最高潮だったし、アメリカのAwardでBTSが4冠を達成したのもめでたい。

幸せが多いっていいな〜😇😇😇

Dynamiteっぽい衣装のジョングクがスーツに着替えてのButterパフォーマンス。

全体の振り付けが見られてよかった😭😭😭

比較用にDymamite

来月にファンミーティングも発表されたし、まだまだお祭りは続きそう。

さあ次はマックのコラボグッズだってさ(いやさすがに無理はしないよ…)。

兵役、推しと私のあいだの深い川

この間友人と久々に会い、それぞれ好きなものについて語り合ううちK-POPアイドルの兵役ってどうなってるの?」という話になった。

彼女が好きなのはタイや台湾の俳優で、やはり兵役がある。タイの兵役はくじ引きできまるんだそうで、そんなのもあるのか…?!となった。

日本に住む私たちからするとあまり意識したことがない話かもしれないが、大学時代、日本語学校の学生たちと交流した時も、男子学生たちが「兵役があるんだよね〜」と言っていた記憶がよみがえる。

 

・全盛期に突然のお別れが来る!?

とりわけ北朝鮮と接する韓国は、兵役を避けられない国だ。

今月発売された本『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜著)によると、韓国ではすべての成人男性に一定期間軍隊に入ることが義務付けられている。

18歳から徴兵対象となり、特別な理由がない限り満28歳になるまでに入隊しないといけない。期間は配属先によって異なるが、1年半から2年。

この期間は、ファンにとっては韓国のアイドルや役者たちにしばらく会えなくなってしまうとても悲しい期間だ。

また同著によると、韓国では公取委の定めで、芸能契約は最長7年と決められている。つまりそれ以降の活動すらなかなか読めない。契約を再更新し、10年以上クラスになれるアイドルはそもそも少ないということだ。(Wanna OneやIZ*ONEのように、オーディション番組経由で誕生し、最初から期間限定で活動するグループもある。)

期間限定になってしまう可能性が高いからこそ、その前にアイドルたちはとにかく人気を高めようと兵役ぎりぎりまで頑張る。練習生時代からのコストもかかっているので事務所も必死だ。兵役は一般的には大学在学中の20代前半に済ませるものらしいが(会社での評価に響くため)、ビジネスの面からいうとアイドルの場合は28歳での入隊のほうが効率はいい。

だから、人気絶頂期に突然のお別れが来てしまうこともよくあるのだという。

な、なんて悲しいことだろう🥺🥺😭😭😭?!?? 

続きを読む

圧倒的感謝のBANG BANG CON21

BTSの過去ライブ3本を8時間無料配信した『BANG BANG CON21』が17日に開催された。

You Tubeの最大同時視聴者数は270万人を超えたみたい(なるほどわからん)

各ライブの合間も練習映像やMVが流れて、トイレの時間すら惜しいサービスぶりだった。これ一体どこで収益を賄っているのだろう???

5月にカムバ説もあるし、慌ただしくも楽しみ!

ともあれBANG BANG CONのために1週間なんとか生き抜いたので、開始時間の前に全ての買い出しを済ませて酒を開けておいた。

休みはこうでないとな!!!

 

デビューから三年目の2015年、まだ初々しさの残るステージから始まり、その直後に2019年に開かれたファンミーティングMAGIC SHOP in 釜山に飛んだ時には、彼らのあまりの成長ぶりに唖然とした。

作品でいうと、最初期のやんちゃな学校三部作直後あたりから、花様年華とWINGSを過ぎて、ビルボード一位を獲って一気に世界的人気になったLOVE YOURSELF  'Tear'MAP OF THE SOUL: PERSONAの後まで一気に飛ぶんだから当たり前だけど、この4年で彼らがどれだけ大きな存在になったかがよくわかる。

続きを読む

BTSおうちライブ!『BANG BANG CON21』を4/17に開催

BTSの過去ライブが観られるオンラインコンサート、BANG BANG CON214/17()に開催される!!

やったー!!!!!生き抜く!!

f:id:ninnymoa:20210412223532j:plain

去年はコロナのせいもあるんだろうけど12時間×2日間(無料)という凄まじい充実度の配信だった。みんなご飯食べて寝れたのかな。

今年も同じなら無料で、You TubeのバンタンTVで観れます(Weverseもあるのかな?)

https://youtube.com/c/BANGTANTV

今年は3本の過去ライブを配信。ラインナップは次の通り。

 

◾️15:00

BTS Live Trilogy EP.1 BTS BEGINS (MEMORIES OF 2015)

みんなまだ少年めいているころ

 

◾️17:40

BTS 5th Muster [MAGIC SHOP] in Busan (June,2019) 

グローバルファンミ。よく画像も動画も流れてくる。美麗Vを千回は見た

 

◾️19:40

BTS World Tour  SPEAK YOURSELF Sao Pauro (May,2019)  

全ブラジルとARMYが泣いた

これ、まるっと振り返れちゃうので???

SYSのブラジル公演、すごい熱量で楽しみ。2015年も初めて観る。

ありがとうありがとうございます😂😂😂

BTSは現在イギリスのBrit Awardsアメリカのi Heart Radio Music Awardsにもノミネート中。いろいろ楽しみが続いて嬉しい。

 

これまでのBTSの話をしよう

ドバドバと激情をダム放出みたいに垂れ流していたが、肝心のBTSの基本情報をまだ書いていないことに気づいた。

なんてことだ!!というわけで今日は何周回遅れかでBTSを紹介します。


BTS(防弾少年団)は、韓国の7人組ボーイズグループ。

メンバーは、ラップ担当のRM(ナムジュン)SUGA(ユンギ)J-HOPE(ホソク)、ボーカル担当のJINJIMINV(テヒョン)JUNG KOOK

それぞれ年は1992(ジン)から97(ジョングク)生まれ。

特徴として、メンバーが自らプロデュースや振り付け、演出、作詞作曲などにかかわっていることが挙げられる。そのため曲の内容は、彼ら自身の気持ちやメッセージとなるものが多い。


・ヒップホップとIDOL

彼らは「防弾少年団」として2013年にデビュー。このグループ名には、「若者たちへの社会的偏見や抑圧を防ぎ、自分たちの音楽を守り抜く」という意味が込められている。
当初はヒップホップ主体のグループとなる予定だったが、デビュー前の段階でコンセプトが変わり、アイドルグループへと方向転換した。
だが、もともとの下地にあったヒップホップの要素は、メンバーのうち3人がラップラインであることから今も色濃く残されている。

デビュー初期は今よりもかなりヒップホップ寄りのグループだった。
当時の歌詞は彼らのコンセプトどおり、若者たちの社会に対する反発、抵抗を訴えるものが多い。

誰だ君たちは???ってくらい、今のイメージとはかなり違うと思う)
しかし、このヒップホップで社会に対する若者の抵抗を表現する形式は、90年代初期に韓国で絶大な人気を誇ったヒップホップグループ・ソテジワアイドゥル以降、K-POP界では長く伝統芸のように受け継がれていたものだった。
(BTSはソテジワアイドゥルの曲をカバーしており、明らかに彼らの後継路線にあるグループだ)
さらに、ヒップホップを得意とする第二世代アイドルのBIG BANGもいた。
そのため、彼らは「時代遅れ」「パクリ」などと批判を受け、「売れないアイドル」とまで言われ苦しむことになる。

事務所のBig Hit Entertainment(現HIVE)も当時は弱小で、特に大手の三大事務所が力を握るK-POP界では吹けば飛ぶような存在だった。
防弾少年団はその後も新人賞などを受賞し、地道にファンを獲得してはいたが、デビュー曲から初のフルアルバムが発売された2014年まではその人気はまだ一部に過ぎなかった。
 
・花ざかりの快進撃
彼らの名が知られるようになってきたのは、2015年から始まる『花様年華』シリーズから。
メンバーの成長に合わせ「人生でもっとも美しい瞬間(花様年華)」をテーマに、学校を離れた少年たちが直面する孤独や葛藤を、メロディアスな曲を中心に表現した。ポップやバラード、ヒップホップとさまざまな要素が組み込まれ、現在のBTSの基礎が固まったころといえるかもしれない。
 

INU 韓国語版MVは花様年華のストーリーになっているため、今は伏せておく
 

 
2ndフルアルバム『WINGS(2016)は、今でも代表曲である「血、汗、涙」など全15曲が収録されているが、そのうち各メンバーのソロ曲が7曲もあり、かなり挑戦的な構成に思える(K-POPではよくあるのかな?)。ソロ曲はそれぞれのショートフィルムとともに公開された。
WINGSはこの時彼らの作品として国内で最高の売上となり、海外のチャートにも食い込む快挙となった。
 

 

 これ以降彼らの快進撃は続き、本格的に世界進出を視野に入れた2017年、グループ名「BTS」を正式名称にする。
(BTSは、防弾少年団のハングル読み・ローマ字表記のBangtan Sonyeondanから文字を取っている)
それからの彼らの成功は、ワールドツアーのソールドアウト、ビルボード一位連続獲得、アメリカの主要番組出演、ファン投票によるアメリカン・ミュージック・アウォード受賞にグラミーノミネートともう数えきれないほどだ。
出すアルバムは全て世界規模でヒットし、もはやあらゆる国のティーンエイジャーのアイドルとなっている。

・非アジア圏での爆発的な成功
特筆すべきは、ここまで非アジア圏のカルチャーに受け入れられた韓国のグループ、ないしアジアのアーティストはほぼいないということだ。
しかも、Dynamite以外は韓国語詞のままでその地位を獲得している。
BTSの世界進出成功は、インターネットでの配信やファンとの交流を上手く進めたことが理由の一つだろうが、それだけではここまでの人気が出る説明にはならない。
なんで???

もう少しほかの側面や彼らに踏み込んだ内容は、長くなるのでまた別の時に書く。

【花様年華 】Euphoriaというまぼろし

BTSジョングクのソロ曲Euphoria発表から3周年で、SNSは賑わっている。

おめでとうございます!!!


米市場でもっとも売れた韓国のソロ男性アーティストになった曲。

 ファンであるARMYにとっては、こちらに手を差し伸べてくれる歌として印象深いはず。

ジョングク本人も、自分の曲の中で一番好きだとよくインタで言っている。 

 

私も大好きなEuphoriaは、BTS2017年から2018年にかけて発表したミニアルバム『LOVE YOURSELF』シリーズの冒頭『LOVE YOURSELF  'wonder'』を飾っている。

前々作アルバムのシリーズ『花様年華』につながるコンセプトMVという形で公開された。

 

続きを読む